トップページ|コーチ・選手の声
コーチの声
亀山 恵介 サッカーは生きる糧となり、肥やしとなる。サッカーを生涯のスポーツに。
亀山 恵介

現在、デューミランのコーチである自分も、小中学校・高校・大学と、プレーヤーとしてサッカーを続けてきた。サッカーを通じて、さまざまな人と出会い、多くのことを学んだ。そして、何よりその楽しさを知った。そんな自分が、今、選手ではなく、指導者としてサッカーに携わっている理由。それは、サッカーの楽しさをたくさんの子どもたちに知ってもらいたいから。
サッカーは、自由である。一度ピッチに立てば、指示通り動く必要もなければ、正しい答えもない。自分で見て・判断して・プレーすることができる。勝つことや得点することの楽しさだけでなく、このサッカー本来の楽しさに気づいてもらいたい。そう思いながら、常日頃、指導に当たっている。
デューミランで育った子どもたちには、どういう形であれ、いつまでもサッカーを続けてほしいと願っている。もちろん、サッカーがすべてではない。しかし、サッカーは生きる糧となり、肥やしとなる。自分にとって、そうであったように…。

ページの先頭へ
選手の声
初の東海大会を目指して!
坂口 創央太  (豊橋市立東陵中学校)

僕たちの代は1年生のはじめから、デューミラン初の東海大会出場を目指して頑張ってきました。
自分たちがサッカーができるのは、コーチ、親、周りの人たちがいるから今、僕たちはサッカーが
できていると思います。
そんな周りの人たちにも感謝を伝えるべく、自分たちは日頃のトレーニングから本気で取り組んできました。
チーム全員で辛い練習も走り込みも乗り越えてきました。
トップチームとしての自覚を一人一人が持ち、下級生が憧れるような選手になりたいと思います。

今ある環境に感謝して!
大木 康右  (豊橋市立青陵中学校)

僕たちはU-13リーグであまり勝つことが出来ず悔しい思いをしましたが東海大会出場という大きな目標を持ち
努力しています。このような目標の為にサッカーが出来ている事は、沢山の人達のおかげだと思っています。
特にコーチや親にはとても感謝しています。コーチ達は練習場所を取ってくれたり、忙しい中、夜間の練習や
休日など沢山の時間を使い僕たちに指導してくれています。
親は食事の準備や送迎だけではなく疲れている時や大きな試合の時には応援してくれたりします。
このように僕達は沢山の人たちに支えられサッカーをする事が出来ているので感謝して日々の練習に全力で
取り組みたいと思います。

仲間と意識を高め合い、本気で戦うチームへ!
小久保 稀竜  (豊橋市立吉田方中学校)

僕たちは、1年生の頃あまり自分たちが納得できる試合展開が出来ずにU-13リーグも
あまりいい結果ではありませんでした。
ですがだんだんと試合の内容は良くなっていると思います。
それは、コーチ、監督、両親のおかげだと思います。
そして僕達の目標である東海大会出場の為には、日頃の練習からもっと意識を高めていき、
嫌なことから逃げずに本気で戦えるようなチームになれるように1日1日を大切にしていきたいです。