トップページ|コーチ・選手の声
コーチの声
亀山 恵介 サッカーは生きる糧となり、肥やしとなる。サッカーを生涯のスポーツに。
亀山 恵介

現在、デューミランのコーチである自分も、小中学校・高校・大学と、プレーヤーとしてサッカーを続けてきた。サッカーを通じて、さまざまな人と出会い、多くのことを学んだ。そして、何よりその楽しさを知った。そんな自分が、今、選手ではなく、指導者としてサッカーに携わっている理由。それは、サッカーの楽しさをたくさんの子どもたちに知ってもらいたいから。
サッカーは、自由である。一度ピッチに立てば、指示通り動く必要もなければ、正しい答えもない。自分で見て・判断して・プレーすることができる。勝つことや得点することの楽しさだけでなく、このサッカー本来の楽しさに気づいてもらいたい。そう思いながら、常日頃、指導に当たっている。
デューミランで育った子どもたちには、どういう形であれ、いつまでもサッカーを続けてほしいと願っている。もちろん、サッカーがすべてではない。しかし、サッカーは生きる糧となり、肥やしとなる。自分にとって、そうであったように…。

ページの先頭へ
選手の声
失敗を恐れず、目標持って常にチャレンジする!
河合 啓斗  (豊橋市立高師台中学校)

僕たちは、U-13リーグ、クラブカップを戦う中で自分達の失敗や技術不足で、思うような
結果が出ずに悔しい思いをしました。
何か新しい事にチャレンジする時、失敗を恐れるあまり、安全策ばかり
取っている自分に気がつき、それでは自分の成長が出来ないと感じました。
これからは大きなリスクをともなう時でも、常にチャレンジし、目標を持って
達成する為に何が必要かを考え、チームメイトと一緒に成長していきたいと思います。

今ある環境に感謝して全力でプレーする!
伊本 将太  (豊橋市立東陽中学校)

僕たちが今デューミランの一員としてサッカーが出来ているのはコーチ、親、チームメイトの
おかげだと思っています。例えばコーチにはもちろん練習や練習後にサッカーが上手くなるよう
指導してくれたり、一人のサッカー選手としてまた、一人の人間として育ててくれています。
親には、いつも応援してくれたり、どんな時でもご飯の準備をしてくれました。
チームメイトはキツイ時や苦しい時など試合や練習でいつも一緒に戦い支えてくれます。
これまで自分に携わってくれた方々には感謝しかありません。
どんな時でもこの気持ちをわすれず、全力サッカーをして日々強くなります!

チャンスをものにみんなに感謝!
大須賀 晴  (蒲郡市立形原中学校)

僕達は13人ととても人数の少ない学年です。いつもギリギリの人数で試合をしたり、
とても大変できついことも多いけど、他の学年に比べたら多くの経験を積むことが出来きてます。
その上手くなるチャンスをものにして、これからもさらに上手くなりたいです。
そして、サッカーを教えてくれるコーチやいつも応援してくれている家族に「サッカーを
教えて良かった」「サッカーをやらせて良かった」と思ってもらえるように、これからも
チームみんなで励ましあって頑張っていきたいです。

今、サッカーが出来ることに感謝して !
中尾 颯之介  (豊川市立西部中学校)

自分たちが今、デューミランの選手としてサッカーをすることが出来ているのは、
周囲からの多大なる協力のおかげだと思います。
そして、自分たち一番しなければいけないことは、その協力への感謝です。
デューミランで活動するのに必要なお金などを出してくれたり、普段の生活の中で食事や
送迎など、子供のことを考えてくれて動いてくれる親。
土日、平日に関わらず、自分たちについて指導をしてくださるコーチ、監督。
サッカーが出来る環境をつくるのに関わってくれたすべての人に感謝をして、
自分たちのことを応援して支えてくれる人たちに恥ずかしくないように
全力でプレーすることが一番の恩返しだと思います。
そのために、普段の練習から感謝の気持ちを忘れずにプレーをして、仲間と切磋琢磨し、
愛知県のみならず、東海地方のチームと戦っていけるチームになっていきます。